2018年8月16日
  • 一般社団法人コワーキングスペース協会

代表理事挨拶

一般社団法人コワーキングスペース協会は、時代の変化に対応したコワーキングスペース業界の健全な成長を通じて、時間と場所を共有する利用者の良質なコミュニティ形成を支援し、社会全体の発展と生産性の向上に寄与することを目的としている一般社団法人です。

コワーキングスペース(Coworking Space)は、Co(共に)Working(働く)Space(空間)として、欧米では2000年代前半から、日本では2010年頃から、増えています。日本でのコワーキングスペースの数は諸説ありますが、約300〜400箇所くらいあると言われています。

コワーキングスペースの利用者としましては、起業したての人、これから起業を考えている人、フリーランス、地域活性化に取り組んでいる人などが主となりますが、最近では働き方改革・働き方の多様化などの流れなどから、大手企業に勤めながらオフィスに行かずにコワーキングスペースで作業をするサラリーマンの利用も増えています。

運営側としましても、日本では、2010年頃は自分のオフィスや飲食店の一画を開放するところから、数年後にはコワーキングスペース専用としてテナントを借りて運営する個人や会社も増えてきて、その更に数年後には個室のシェアオフィスや貸会議室なども併設する大規模なコワーキングスペースも増え、最近では大手企業がオープンイノベーションや社内交流や働き方改革の流れや求人採用目的などでコワーキングスペースを作る事例も増えています。
地方都市に行くと、行政や地域団体などが、産業と仕事を作る場所として、定住や移住の施策として、コワーキングスペースを作る事例も増えています。日本が人口減少社会に入ったからこその流れだと思います。

一般社団法人コワーキングスペース協会の代表理事を務めさせていただいております私も2012年から埼玉県さいたま市の大宮駅東口すぐの場所で「コワーキングスペース7F(ナナエフ)」というコワーキングスペースの運営を始めました。いわゆるコワーキングスペース業界の黎明期から関わっていたこともあり、全国各地のコワーキングスペースに行きましたし、運営者とも多く知り合いました。
その中で、フロア増床や多店舗展開するコワーキングスペースもあれば、上手くいかずに閉店するコワーキングスペースも数多く見聞きしてきました。運営側には運営側ならではの悩みや課題があり、それらを共有し相談できる機会は意外に少ないとも感じました。
そこで2013年から、「コワーキングスペース運営者勉強会」というコワーキングスペースに関する勉強会を毎月定期開催していました。このコワーキングスペース運営者勉強会は個人として自主的に開催していたのですが、主催者側の知識と経験と人脈が増えると、どうしても勉強会の継続を考えた時に優先順位が下がってしまう、ということもありました。今回、一般社団法人化した理由の1つとしては、このような任意の個人の活動ではなく、しっかりとより継続して、これからコワーキングスペースを運営したい、これからコワーキングスペースを利用したい、という人にも共有できるような機会を作り続ける、という目的もあります。

また、今でも頻繁に来るそれぞれのコワーキングスペースへの見学ですが、私たちは株式会社で運営しているので、どうしても住み分けとして、株式会社や合同会社で出来ることと、一般社団法人やNPO法人で出来ることとが、異なると、個人的には感じていました。そこで、より公共的なことや行政的なことについては、協会として一般社団法人という法人格も持って対応した方が受け皿になったら良いなとも思い、一般社団法人を設立する理由ともなりました。

コワーキングスペースの利用者視点で見ましても、私も自分の株式会社で運営しているコワーキングスペースには今まで延べ500人以上の月額会員さんが居て必ず初めの面談には同席していますので、それだけのコワーキングスペースを利用したいというニーズを聞いてきました。月額会員さんだけでなく、ドロップイン利用者さん(一時利用者さん)も私の運営するコワーキングスペースは多く居て、月間延べ利用者数は全フロアで6000人くらいになりますので、多くのニーズを見聞きしています。そのような利用者視点も考えた上でコワーキングスペースを運営していきたいと考えています。

自分でコワーキングスペースを運営し始めて私はもう6年目になり黎明期からの業界の移り変わりを運営代表者として最前線で見聞きしてきました。他の理事の皆さんも同じくらいの運営歴だったり少なくとも数年間の運営歴があり、色々と考えるところがそれぞれにありまして、まずは一般社団法人を設立しようとなりまして、一般社団法人コワーキングスペース協会を設立する運びとなりました。
やっていきたいことは、いくつか決まっていたりもしますので、徐々に情報発信をしていって、実際に行動に移していければと思います。

日本のコワーキングスペース業界がより良い業界になることで、「コワーキングスペース」に関わって良かった、と、1人でも多く思ってもらえるよう、協会としての活動を通じて貢献していければと考えております。
これからの一般社団法人コワーキングスペース協会の活動にぜひご期待ください。今後ともよろしくお願い致します。

 

一般社団法人コワーキングスペース協会
代表理事 星野邦敏